So-net無料ブログ作成
検索選択

高1ゼミ「コラムを書く」を担当したころ

高1に「ゼミ」という時間があります。今は「総合」の授業になっていますが、これはその前からおこなわれ、もう15年以上の歴史があります。
 私は、今は「飛行物体の研究」というゼミを担当しましたが、10年ほど前は「コラムを書く」というゼミを行っていました。
 毎回、30字×30字の原稿用紙を渡して、それに短い文章を書くことを1年間やりつづけました。生徒は多いときで10名くらい参加してきました。
 わたしはこれを読んで添削をし、コメントを書き、コピーをとって生徒に次の週に返します。いいものは読み上げるよといったのですが、これは生徒に反対されて行いませんでした。

 最初はまあすらすらと書いているのですが、そのうちに「書くネタがない」と苦しむことになります。それで1週間の間に次になにを書こうかと一生懸命に書くネタを探すのです。意図的にテーマを探さないと見つからないところがミソなのです。生活の中で何かいいテーマをみつけ、「この次はこれを書こう」と決めることをしないとその場でいくら考えても書けなくなるものです。

 私自身も、生徒と同じように書き続けました。
 1年続けると、全部で30編のコラム集ができあがります。私はこれを生徒ごとに集めて表紙をつけて製本し、ゼミが終わってから生徒に戻します。かつて製本工だった私の技術が役立つときです。

 このブログをほぼ毎日更新するというのも、このときに身につけた技術がきっと役に立っているのでしょう。
 その日のネタが見つからないと、10年前にゼミの時間に書きためたこの「コラム集」を引っ張り出してそこから書くことにしています。


共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。