So-net無料ブログ作成

比較日本人論 その3

極めつけはこれでしょう。
これは「天声人語」ではありません。

 豪華客船が暗夜に難破し、ほうり出された乗客がたったひとつの救命ボートに群がった。全員がのるとボートはしずんでしまう。それで女性とこどもだけが残り、男は海に漂うことになった。それをアメリカ人、イギリス人、ドイツ人、イタリア人、そして日本人の男たちにどう納得させるか。
 正解は、【 1 】人には、紳士なら飛び込むといえばよい。
     【 2 】人には船長の命令と。
     【 3 】人は飛び込むなといったら、逆に飛び込んだ。
     【 4 】人に、おまえたちには保険がかかっている。
 そして 【 5 】人には他の人はみんな飛び込んでいる、だとか。
(920202朝日新聞「ティータイム」霍見芳浩「日本企業の悲劇」)続きを読む

Posted by mrgoodnews at 23:35 |Comments(0) |TrackBack(0) | 教育・学校・授業 , 気づき、発見、インスピレーション
比較日本人論 その2
こういう比較はヨーロッパのひとがうまいですね。
私がキリスト教の国際会議に参加したとき、夜の余興として各国代表たちがいろいろな芸を見せてくれたときに、こういう比較をよくしていました。
「これをイギリス人がしたら」「これを日本人がすると」「アメリカ人ならこうするだろう」というのをそれぞれ演じるのです。
うまくそれができると拍手喝采です。

 青いシマ馬を見つけたものに100万ドルだそうというアメリカの金持ちがいた。
 日本人、フランス人、スペイン人、ドイツ人、イギリス人りビジネスマンがそれに応じた。
【 1 】人は図書館にかけ込んで、遺伝学の本を読みあさった。
【 2 】人はアフリカの地図を買った。
【 3 】人は、ロバに青いペンキを塗った。
【 4 】人は丹念に一本一本ロバに青い毛を植えた。
【 5 】人は、100万ドルときいただけでうれしくなって、盛大に前祝いをやったという。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。