So-net無料ブログ作成

宮沢賢治作?

私が先生になったとき、ある文章で次の宮沢賢治作といわれる次のような詩に出会った。
で、ここに書かれてあることは本当だとおもった。紹介しよう。


私が先生になったとき

私が先生になったとき
自分が真実から目をそむけて
子どもたちに本当のことが語れるのか

私が先生になったとき
自分が未来から目をそむけて
子どもたちに明日のことが語れるのか

私が先生になったとき
自分が理想を持たないで
子どもたちにいったいどんな夢が語れるのか

私が先生になったとき
自分に誇りを持たないで
子どもたちに胸を張れと言えるのか

私が先生になったとき
自分がスクラムの外にいて
子どもたちに仲良くしろと言えるのか

私が先生になったとき
ひとり手を汚さず自分の腕を組んで
子どもたちにガンバレ、ガンバレと言えるのか

私が先生になったとき
自分の闘いから目をそむけて
子どもたちに勇気を出せと言えるのか


なかなかいい詩ではないですか。
教員をしているものにとって、こういう気構えは本当に必要だと思うのです。





恋愛日記

共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。