So-net無料ブログ作成
検索選択

キリスト教入門講座

私は自分の所属するカトリック鶴見教会でキリスト教入門講座を20年ほど担当しています。
毎週木曜日の夜午後7時から9時までです。
今日はそこでどういうことをしているかを紹介しましょう。

今は7時に集まると、簡単な夕食を取ることから始めています。妻の手作りのお弁当です。今日のメニューは「うどん」でした。

それが終わると「瞑想」になります。簡単なガイドがあって、それに従って瞑想をします。瞑想のなかで、時には過ぎ去った1週間をふり返ったり、その日の1日のことをふり返ったりします。

そしてそれが終わると「3分間生活報告」です。参加者がひとりひとり、この1週間の自分に関わる出来事のなかで「心を動かしたこと」を報告します。
いわゆる「わかちあい」です。3分間といっておりますが、別に時間制限をするわけではありません。
ひとりひとりが報告してくれたことについて、他の参加者は豊かに反応を表現しますが、報告についてコメントしたり、助言をしたり、あるいはディスカッションをすることはいたしません。
ただきくだけであります。

そしてその日の「本題」にはいるのですが、ここまででほぼ1時間つまりその日の集いの半分を使ってしまいます。

内容は3つのステージに別れています。

第1ステージ「自分と出会う、仲間たちと出会う」ここでは聖書も登場しません。

第2ステージは、「イエスとの出会い」です、新約聖書を読みあっていきます。。

第3ステージは「教会と出会う」です。教会で行われているさまざまな行事の酔って来るゆえんをたすねあてます。

と、まあ簡単に言えばこういう内容です。




共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。